プレナス お米のこだわり

炊飯への想い ほっともっと 店長 小林尚子

炊き立てはもちろん、 冷めてもおいしいごはんです

人気のおかずはいろいろありますが、どのお弁当にも共通するのは白いごはんです。このごはんを大切に考えるほっともっとは、シンボルマークの真ん中にお米が入っています。産地で大切に作られたお米は、精米したての新鮮な状態で店舗に届きます。産地からリレーされたお米のおいしさを最大限に引き出す炊きたてをお届けするために、キッチンでは大きな炊飯釜がいつもスタンバイ。ここからあたたかくても冷めてもおいしい、お弁当にぴったりなごはんを毎日提供しています。

炊飯への想い やよい軒 ストアマネージャー 保坂義仁

おかわりをよそうときの、 おいしい香りもお届けしたい

ごはんのおかわりが自由なやよい軒では、炊きたてごはんのおいしさを大切にしています。炊きたての釜の蓋を開けたときの香ばしい香りは、ガスの強い火力ならでは。お客様がおかわりをよそうときに、このおいしい香りも一緒に楽しんでいただきたい。その想いから、炊きたてのごはんを切らさないように、心を込めて炊飯しています。

こだわりの炊飯マニュアル

おいしいお米を、おいしいごはんに炊き上げます

全国の米産地で大切に育てられたお米、
精米センターで鮮度にこだわり精米されたお米、
そのお米をおいしいごはんに仕上げるのは店舗の役割です。
プレナスでは、こだわりの炊飯マニュアルに沿って、
心を込めてごはんを炊いています。

ポイント1 漬け込み:ふっくらと仕上がるように、しっかりと水を吸わせます。

届いたばかりのお米を専用の道具にあけて、たっぷりの水に浸します。お米にしっかり水を吸わせることで、ふっくらと炊きあがります。

ポイント2 加熱:ガスの強い火力で、一気に炊き上げます。

プレナスグループ (ほっともっと、やよい軒、MKレストラン) のお米は、大きなガス釜で炊いています。ガスの特徴は火力の強さ。一気に炊き上げ、じっくり蒸らします。

※時間帯により炊飯方法が異なる場合もございます

ポイント3 ほぐし:炊きたてをほぐして仕上げます。

炊きあがったごはんは、余分な水分を飛ばすために、粒をつぶさず切るようにしっかりとほぐします。余分な水分が抜けると、ごはんの食感が際立ちます。

ポイント4 盛りつけ:白く輝く、炊きたてごはんを盛りつけ。

ふっくらと炊きあがったきらきら輝くごはん。ごはんの食感を活かすように、ふわっと盛り付けます。