日本橋でお米について学びませんか?日本橋でお米について学びませんか?

日本の原風景である棚田の春夏秋冬の情景を、細川護熙氏が制作期間3年をかけて描いた巨大壁画『棚田の四季』の観覧会と、一般社団法人Plenus米食文化研究所による「お米の食べ比べ体験会」など、お米の魅力を楽しみながら学ぶワークショップを開催いたします。

11tanada no shiki棚田の四季

「棚田の四季」は、2m×1mの「大濱紙」60枚で構成される高さ8メートルの巨大壁画で、見る面や高さによって風景と四季が変わる表情豊かな作品です。2日間限定の特別公開となりますので、この機会に日本の原風景を描いた作品に触れてみませんか?

22rice workshopお米のワークショップ

「お米のワークショップ」は、米文化を研究する「一般社団法人Plenus米食文化研究所」の解説のもと、お米の品種や銘柄ごとの味の違いについて、試食を交えながらお米の魅力を学ぶ体験会です。日本の食の根幹にあるお米の魅力を体験してみませんか?

profile『棚田の四季』作者プロフィール

細川 護熙(ほそかわ もりひろ)

1938 年、東京生まれ。朝日新聞記者を経て、衆参議員、熊本県知事、日本新党代表、内閣総理大臣を歴任。政界引退後、神奈川県湯河原の自邸「不東庵」にて陶芸を始める。2001 年東京日本橋・壺中居および京都・古美術柳孝にて初個展(その後毎年開催)以降、パリ、ニューヨークほか、国内外各地にて開催。現在は作陶のほか、書、水墨、油絵、漆芸なども手がける。現在は襖絵制作を中心に活動。

イベント詳細

日時 2019年6月27日(木) 19:00~21:00
2019年6月28日(金) 19:00~21:00
会場 プレナス東京本社7階
(東京都中央区日本橋茅場町1-7-1 日本橋弥生ビルディング)
アクセス 地下鉄東西線・日比谷線
茅場町駅12番出口より徒歩1分
地下鉄浅草線 日本橋駅より徒歩5分(茅場町駅へ地下直通)
内容 1) 壁画『棚田の四季』観覧
細川護熙氏が描いた巨大壁画『棚田の四季』をご観覧いただきます。

2)お米のワークショップ
一般社団法人Plenus米食文化研究所による「お米の食べ比べ体験会」など。

3)抹茶提供(有料)
抹茶はワークショップ終了後に希望の方にご提供します。(要事前予約、有料500円、干菓子付)

  • ※抹茶提供のお申し込みが多い場合は、入替制となりますのでご了承ください。
  • ※プログラム全体で1時間半程度の予定です。
参加費 無料(抹茶サービスのみ有料、希望者のみ事前予約)
定員 各日20名(先着)
お申込み
お問い合わせ
【お申込み】
下記の申込みフォームもしくはメールにてお申込みください。

フォームの場合:
メールの場合:
“tanadanoshiki@plenus.co.jp” に、以下の項目を記載の上、参加の旨をご連絡ください。

件名:一般公開申込

必要事項
①代表者の氏名(フリガナ) 
②電話番号(※緊急連絡がとれる番号)
③メールアドレス(応募結果をメールでご連絡いたしますので、メールアドレスの入力ミスがございますと、お伝えできないことがございます。)
④参加希望日
⑤参加人数
⑥本件イベントをお知りになった方法
⑦抹茶サービス希望の有無


【お問い合わせ】
Plenus米食文化研究所事務局
tanadanoshiki@plenus.co.jp
締め切り 2019年6月24日(月)
主催 株式会社プレナス、一般社団法人Plenus米食文化研究所