社員インタビュー

  1. ホーム
  2. 社員インタビュー
  3. 経営管理室 リーダー 淺井 智砂子

新卒入社 淺井 智砂子 CHISAKO ASAI 経営管理室 リーダー新卒入社 淺井 智砂子 CHISAKO ASAI 経営管理室 リーダー

Profile

1996年4月
入社 CS営業部
1999年1月
経理部
2005年10月
課長
2009年3月
経営管理室 リーダー

学生時代は何をしていましたか?

学部の勉強と教職課程で忙しかったですが、サークルの能楽部で仕舞やお謡をして非日常を楽しんでいました。
また、時間があれば夜からでもドライブに出かけ、友人と九州各地を巡ったのがよい思い出です。

入社の動機について教えてください。

第一志望の教職が難関だったため、企業への就職を考えました。元々、人の生活を支える「食」の分野には興味がありました。食べ物が簡単に手に入る今日の環境だからこそ、手づくりのあたたかい日常食の提供には大きな意味があると考え、入社を決めました。

現在の職場、仕事内容について教えてください。

プレナスグループの業績分析や計画管理を担当しています。
売上や利益が計画どおりに進捗しているか、この先どうなりそうか等を分析して、経営陣や各部に報告します。また、当社は東証一部に上場しているため、投資家へ戦略や業績の説明をしたり、必要な情報を発信するなど、IR活動も行っています。

仕事をする上で、一番心に残ったことにまつわるエピソードを教えてください。

子会社との合併や「ほっともっと」ブランドへの変更の際の対応が心に残っています。いずれも会社として大きな出来事であり、期限がある中で決めなければならない事が山ほどありました。店舗への影響を最小限に抑えつつも仕組みを統一するなど、難しい問題もありましたが、周囲と協力して進めることができました。振り返ってみると、この時の経験が、全社最適の考え方や判断軸に活きているように思います。

仕事の面白さ、難しさややりがいについて教えてください。

経営陣や外部への報告が適切であるように、緊張感を持って仕事をしています(そうはいっても、失敗して落ち込むこともあります)。
経営管理室の業務は、戦略をはじめ各部門の取り組みを理解することはもちろん、会社法や会計・税務の知識も必要であり、それらを総合してどう判断するか、いつも難しさを感じます。一方でそれが自分のスキルアップになっているとも思っています。当社は常に新しい取り組みを行っており、動きが早いです。部署の性質上、プロジェクトに参加する機会も多く、何か貢献できたときには大きなやりがいを感じます。

一日のスケジュールを教えてください。

朝、前日の売上を確認し、メールをチェックします。その後は業績の分析などのデスクワークや、他部署とのミーティング等を行います。
当社の株価は一日に何度か確認します。
経営管理室は定型業務は少ないので、その時々でスケジュールは変わります。決算時期には記者発表、投資家向けの説明会などのイベントもあります。

これからチャレンジしたいことを教えてください。

担当部門やポジションによって、見るべき数値は異なります。もっと要点が直感的に分かり、見る人の時間をとらせない仕組みを全社的に構築できたらと思います。

入社して一番良かったことはなんですか?

プレナスにはまっすぐに仕事をする人が多いと感じます。大変な仕事でも一緒に乗り越えられる、そう思える仲間に恵まれたことです。

最後に入社を夢見るみなさんにメッセージをお願いいたします。

ぜひ自分で考え、チャレンジできる環境を選んでください。それが、10年先、20年先の人生に大きく影響すると思います。がんばってください。

※所属部署、役職はインタビュー当時のものです。