文字サイズ

  • ENGLISH
  • 简体中文

MENU

IR情報

IR

  1. ホーム
  2. IR情報
  3. 株主・投資家の皆様へ

株主・投資家の皆様へ

2017年2月期の経営概況と業績

当期における外食産業は、個人消費の回復に足踏みがみられる中、労働力不足による人件費の上昇等から引き続き厳しい事業環境が続きました。
このような状況の中、「ほっともっと」におきましては、店内調理による手づくりの特長を活かした商品の開発や、よりお客様のニーズにお応えしたサービスの提供に努めました。「やよい軒」におきましては、郷土性や季節感を取り入れた商品を発売し、幅広いお客様のニーズへの対応を図りました。同時に、コストの効率化を図る等、収益力の強化に注力いたしました。
国内の店舗展開につきましては、111店舗の新規出店、105店舗の退店を実施し、当期末現在3,022店舗となりました。
フランチャイズ展開につきましては、「ほっともっと事業」「やよい軒事業」ともに推進し、新規オーナーの獲得及び既存オーナーの多店舗化に取り組みました。
当期の連結業績につきましては、既存店売上高が前期実績を下回ったこと、直営店の加盟店への移管が進んだことが要因で、減収となりました。利益面につきましては、既存店売上高の減少や人件費の上昇があったものの、円高等による仕入れコストの低減や広告宣伝費の減少等により、増益となりました。

今後の取り組みについて

既存店売上高の早期回復を図るべく、マーケティング機能を強化し、お客様のニーズを捉えた商品の開発・販売促進活動を推進すると共に、店舗における人材の育成や定着にも力を入れ、お客様に支持される店づくりに努めてまいります。
新規出店につきましては、国内で257店舗を計画しております。「ほっともっと」につきましては、生産性の高い新型店舗での出店を推進し、売上高と利益の拡大を図ると共にフランチャイズ展開も推進してまいります。「やよい軒」及び「MKレストラン」につきましても、事業規模拡大に向けて積極展開していく計画としております。
あわせて、限られた原資をより効果的に活用するための取組みに引き続き注力することで、事業規模の拡大と収益力の向上を図ってまいります。
なお、海外事業につきましても、中長期的な成長のため、引き続き積極的に展開してまいります。

配当金について

当社は、年間配当60円または、年間配当性向50%(連結ベースでの1株当たり当期純利益)を達成する金額のいずれか高い額をお支払することを、配当の基本方針としております。これに基づき、当期の配当金は、1株当たり60円(内、中間配当金30円)とさせていただきました。
次期2018年2月期は、年間配当60円(内、中間配当金30円)、年間配当性向53.4%を予想しております。

株主の皆様には、引き続きご理解とご支援を賜りますようお願い申しあげます。

株式会社プレナス

ページトップへ戻る