加盟店オーナー募集
(ほっともっと)

MEWCHANT OWNER

  1. ホーム
  2. 加盟店オーナー募集
  3. 加盟店オーナー募集(ほっともっと)
  4. オーナー紹介
  5. オーナー様の声
  6. 安部田 秀樹オーナー

オーナー様の声

福岡県 西宮市店、小倉貫店等 安部田 秀樹オーナー (あべた ひでき・44歳) 「ほっともっと」のお弁当の美味しさが大きく背中を押してくれた

独立への経緯と応募理由

24歳の時に、お酒の卸屋で配送をやっており、親しくしていたお客様から「今度、新しい店をやるから手伝わない?」とスカウトされました。その店というのが、実は「ほっともっと」だったんです。6年ほどそこで店長として働くうちに、やがて「自分でも店を持ってみたい」と思うようになりました。

独立するにあたって、迷いや不安は?

むしろ「たいした学歴や資格のない僕でも、もっと良い暮らしができるかも」という期待の方が強かったです。努力さえすれば、そうしたハンデは一切関係ない世界ですから。それに加えて、「ほっともっと」の弁当の美味しさが大きく背中を押してくれました。ある主婦の方が毎日のように家族の分の弁当を買いにみえるんです。「私が作るより美味しいってみんなが言うから」と笑っておられましたが、私自身、この味があれば絶対に成功できる確信がありました。

「ほっともっと」でよかったことは?

やはり充実したバックアップ体制に尽きますね。買物に出なくても食材はすべて本部から届きますし、新メニューの開発や販促・広報活動、教育研修や経営アドバイスまで幅広くやってもらえる。それでいて「開業資金290万円」「ロイヤリティは固定制」というから、最初は僕の方が「プレナスの経営は大丈夫なの?」と心配したくらい(笑)。独立1年目から売上は順調で、2年後に2店目、5年前には3店目をオープン。ユニットFC制度は経済的にも精神的にも、オーナー側の負担が軽くて有り難いですね。

店舗運営のやりがいは?

安部田 秀樹オーナー

オーナー業をやっていると、自然と同じような意識を持つクルーさんが集まってきます。そんな“仲間たち”と働けるのが僕にとっての魅力。この仕事は自分や家族のためでもあるけど、今は「仲間の生活をもっと豊かにしてあげたい」という気持ちでいっぱいです。店舗の売上はもちろん、彼らの成長を見守るのもやりがいになっていて、半年前には何もできない高校生のアルバイトが、今は指示を出さなくてもバリバリ活躍している……そんな場面を見ると感動しちゃいますね。

日頃、心がけていることは?

安部田 秀樹オーナー

「お客様をお待たせしないこと」が私の信条。誰だって、空腹の時に長く待たされるのはイヤですもんね。注文後にどれだけ早く、きれいに盛り付けた弁当をお出しできるかが、何度も来店いただける一番の秘訣だと思います。 それと、先にも触れたクルーさんとのコミュニケーションづくり。終業後はよくみんなで居酒屋やカラオケに行きますし(支払いは僕持ちです)、売上好調の年は金一封も出します。やっぱりみんなの笑顔が見たいし、全員の士気が上がれば結果的に売上にも結びつく。実際、今すごく店舗の雰囲気が良いので毎日が充実していて。5年ほど前に家を建てましたが、ここだけの話、店にいる方が楽しいんです(笑)。

これからやってみようと思われている方にメッセージを!

「ほっともっと」ほど独立を望む方にお勧めできる道はありません。 でも成功するかどうかは、結局あなたの努力にかかっています。僕からのアドバイスは「継続は力なり」「中途半端じゃなく、とことんやろう」。そういう姿勢を忘れず前に進めば、きっと今よりも面白い人生が目の前に開けますよ。

※オーナー様の年齢、店舗数は取材時のものです。

「初回説明」動画視聴の申込みはこちら

※個別面談をご希望の方は先ずは初回動画を視聴されてからとなります。
※地域によっては個別面談を実施していない場合がございます。

ページトップへ戻る