プレナス お米のこだわり

ガス炊飯へのこだわり

強い火力の対流が、おいしいごはんをつくる

プレナスのごはんは、大きなガス釜で炊いています。

ガスの特徴は、なんといってもその火力。
厨房では1,300度のガスの炎で一気に炊き上げます。ごはんをおいしく仕上げる鍵は、釜の中で起こる対流といわれています。
おいしいごはんの証「かに穴」は、この対流がうまくいったことを示しています。プレナスでは強い火力がしっかりとした対流を生み出す大きなガス釜を使うことで、粒が際立つおいしいごはんに炊き上げています。

  • 強い火力が魅力のガス炊飯釜
  • おいしいごはんの証、「かに穴」

炊きたてにこだわり

こまめにごはんを炊くことで、いつでも炊きたてのおいしさを

「いつでも炊きたてごはんのおいしさを味わってほしい」。
その想いから、プレナスでは炊飯釜の約6割の容量で炊いています。
大きな炊飯釜がもっている、ごはんをおいしく炊き上げる対流の力はそのままに、少なめの量で一日何度も炊飯することで、いつでも炊きたてを提供できるように調整しています。