IR情報

  • IR情報トップ
  • 株主・投資家の皆様へ
  • 月次速報
  • 財務ハイライト
  • 決算短信
  • 説明会資料
  • 報告書(株主の皆様へ)
  • 有価証券報告書
  • 株主総会
  • IRカレンダー
  • 利益還元
  • 電子公告
  • よくあるご質問

株主・投資家の皆様へ

当期の経営概況と業績

当期における外食産業は、物価上昇や天候不順等の影響もあり個人消費の回復が遅れ、これに原材料価格の上昇や人手不足が加わり、厳しい事業環境が続きました。
こうした環境の下、当社グループは、中長期的な成長の持続を図るべく、引き続き、
 戦略① 「新規出店の推進」
 戦略② 「店舗の収益力向上」
という2 つの戦略を両輪に事業を推し進めてまいりました。
「新規出店の推進」については、国内では「ほっともっと」「やよい軒」154店舗を出店し、グループ全体の店舗数は当期末現在3,000店舗を突破する規模になりました。また、海外では26店舗を出店し、当期末現在148店舗となりました。
「店舗の収益力向上」については、競合店との差別化を図るべく、店内調理によるつくりたてのおいしさや「金芽ごはん」の使用等のこだわりをもって商品を提供いたしました。
また、これらの戦略と並行して「ほっともっと事業」「やよい軒事業」で「ユニットFC制度」を活用して、フランチャイズ展開を進め、事業基盤のさらなる強化に取り組みました。
この結果、当期の連結業績は増収となりました。しかしながら、利益面では店舗運営に係る人員を確保するためのコスト等が増加し、減益となりました。

今後の取り組みについて

当社は、コーポレート・ガバナンス体制の一層の強化を図るべく、取締役会の監督機能を高めるとともに、経営体制を整備するための決定をいたしました。
具体的には、本年5月26日開催の定時株主総会での承認を経て、監査等委員会設置会社に移行するとともに、それに先立ち本年5月1日より執行役員制度の導入及び、本部制度を柱とする組織変更を行いました。
これにより、今後の重要な課題に対して、権限と責任の明確化を図りつつ、迅速な意思決定を行ってまいります。
事業戦略については、今後も引き続き「新規出店の推進」と「店舗の収益力向上」を柱とした成長戦略を推し進め、新たな経営体制の下、その取り組みを加速させてまいります。店舗網を拡大しつつ個店の売上向上及び店舗運営の効率化を追求することによって、今後とも当社グループは、「はじめに消費者ありき」の創業精神を貫きながら、持続的成長を目指してまいります。

配当金について

当期の配当金は、前期と同様の1 株当たり50円(内、中間配当金25円)とさせていただきました。
今後については、株主の皆様に対し一層の利益還元を行っていくことを目的に、配当の基本方針を変更いたしました。新たな方針では、1 株当たり年間配当60円以上、年間配当性向50%を基本としてまいります。これに基づき、次期2016年2月期の年間配当は63円、年間配当性向50.2%を予想しております。

株主の皆様には、引き続きご理解とご支援を賜りますようお願い申しあげます。

株式会社プレナス