IR情報

  • IR情報トップ
  • 株主・投資家の皆様へ
  • 月次速報
  • 財務ハイライト
  • 決算短信
  • 説明会資料
  • 報告書(株主の皆様へ)
  • 有価証券報告書
  • 株主総会
  • IRカレンダー
  • 利益還元
  • 電子公告
  • よくあるご質問

株主・投資家の皆様へ

2016年2月期の経営概況と業績

当期における外食産業は、人手不足の状況が継続し、また、個人消費の回復の動きが弱まる等、厳しい事業環境が続きました。
このような状況の中、「ほっともっと」では、健康志向のお客様に向けた商品や日本各地の「ご当地弁当」を発売するなど幅広いお客様のニーズへの対応を図る一方、店舗収益力の強化に注力いたしました。「やよい軒」においては、女性やシニアのお客様への訴求を強化いたしました。
店舗展開につきましては、92店舗の新規出店、109店舗の退店を実施し、当期末現在3,016店舗となりました。改装・移転も積極的に行い、個店の収益力向上を図りました。
フランチャイズ展開につきましては、「ほっともっと事業」「やよい軒事業」ともに推進し、新規オーナーの獲得及び既存オーナーの多店舗化に取り組みました。
また、忙しい都心部のお客様へ”おいしい弁当”を”無駄なくスピーディに提供”することをコンセプトにした、新たな持ち帰り弁当ブランド「BizLunch(ビズランチ)」を創設するなど、新たな取り組みも開始いたしました。
しかしながら、当期の連結業績は、既存店売上高が前期実績を下回ったこと、直営店の加盟店への移管が進んだことが要因で、減収となりました。利益面につきましては、直営店舗原価の改善や広告宣伝費等のコストの効率化を図ったものの、既存店売上高の減少等の影響により、減益となりました。

今後の取り組みについて

既存店売上高の回復を早期に図るべく、商品力の強化、効果的な販売促進活動、店舗のQSC向上に取り組んでまいります。同時にさらなるコストの効率化を進め、個店の収益性向上を図ります。
新規出店につきましては、197店舗を計画しております。今後の成長のため、次期におきましても積極的に行うと共に、「BizLunch(ビズランチ)」の展開にも注力してまいります。また、直営店の加盟店への移管も引き続き推進してまいります。
海外ではさらなる事業拡大を図るため、平成28年3月に米国において1号店を出店いたしました。日本の食文化を世界に広げていくために、今後も積極的に展開してまいります。

配当金について

当社は、年間配当60円または、年間配当性向50%(連結ベースでの1株当たり当期純利益)を達成する金額のいずれか高い額をお支払することを、配当の基本方針としております。これに基づき、当期の配当金は、1株当たり60円(内、中間配当金30円)とさせていただきました。
次期2017年2月期は、年間配当60円(内、中間配当金30円)、年間配当性向53.4%を予想しております。

株主の皆様には、引き続きご理解とご支援を賜りますようお願い申しあげます。

株式会社プレナス